未分類

DSソフト「ラジアントヒストリア(RADIANT HISTORIA)」の感想

投稿日:

ニンテンドーDSソフト 「ラジアントヒストリア(RADIANT HISTORIA)」 (以下ラジヒスと略記) の感想です。

 

 

1 概要

主人公が、意図せず手にした時間を行き来する力を使って、原因不明の砂漠化が進む大陸を滅亡の危機から救うファンタジーRPG。

2 感想

2.1 時間の行き来で世界線を変えられる点が斬新

これはラジヒスの一番の特徴と言えるでしょう。
過去のあるポイントに戻って、その際の行動をやり直すことができます。
すると、それに伴って未来が変わるのです。

ゲーム終盤になればなるほど、戻れる世界線やポイントが増える分、どこに戻って行動を起こすのかの選択がかなり難しくなります。しかしそれを乗り越えて正しいポイントを選べた時は「ヨッシャーッ!!」と心からの達成感を感じられます。

また、ゲームのクリアとは直接関係ないサブイベントもよく練られており、「これがこれに繋がっていたのか!」と伏線回収に毎回驚かされます。

2.2 旅先の国がそれぞれ個性的で雰囲気がある。グラフィックも綺麗

ラジヒスでは大陸を旅していきますが、個性的な国がいくつか出てきて、世界旅行をしている感じが面白いです。
これだけだと、「他のRPGも大体そうじゃない?」と言われそうなのですが、ラジヒスはグラフィックがかなり綺麗なので、そのぶん国ごとの雰囲気が凄く良く出ています。

詳細は是非プレイして感じてほしいです。
ちなみに私のお気に入りはセで始まる国です。グラフィックだけでなくBGMもマッチしていて、余生はそこで暮らしたいくらいですね(笑) 。

2.3 対戦のパズルとしての面白さ

ラジヒスの対戦では、3×3マスに敵が入りそれに向けて攻撃をします。
時間移動と同じで、例えば以下のような様々な選択肢がとれるようになっているため、うまく使いこなして大ダメージになるよう頭を使う必要があります。

・縦一列や十文字など範囲が異なる攻撃が使える
・こちらの攻撃により敵が横や縦に移動することがある
・あえて敵より遅く行動して攻撃ターンを譲ることができる

ちなみに、中盤〜終盤になると上記によるセオリーだけでは上手くいかない敵も出てくるので、さらにやりごたえが出てきます。
 
 

以上が感想です。
この他にも、砂漠化の理由や主人公の生い立ちなど、ミステリー的な要素も散りばめられていて終始飽きません。
ぜひプレイしてみてください!!
 

P.S.
3DSでのリメイク版もあるようです。
DS版に加え「亜伝」という新しいストーリーも追加されたとのことですので、興味ある方は是非こちらも見てみてください。

-未分類

Copyright© ぜんかい徒然草 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.