書評 転職・働き方

自分の時間を取り戻そう: ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方(ちきりん/著)の感想

更新日:

自分の時間を取り戻そう: ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方(ちきりん/著, 2016年)を読みました。

その感想を書いてみたいと思います。

<本の概要>
サラリーマン、ワーキングマザー、フリーランス、起業家。
これらの人々の多くは、多忙な日々を過ごしている。

この本では、そんな多忙な日々を脱するために必要な「答え」を記載している。

またその「答え」は、単に多忙な生活から脱出する方法を考えた結果というだけではなく、現代社会の変化の本質にも関連している。
 

<感想(読後記録)>
私は、この本を読んでその内容を実践しました。
すると、大きく3つの事が起きました。

① 出勤日の労働時間をかなりコントロールできるようになった。
② 有給も思い通りにとれるようになった。
③ 新入社員や若手に勧めたいと思った。

以下、①~③の補足をしていきます。
 
 
① 出勤日の労働時間をかなりコントロールできるようになった。

私は現在社会人3年目で、この本は2年目の冬に読みました。

本を読むまでは、配属後から増え続けた仕事により忙殺されていました。
帰宅時間も平均22:00頃でした。

しかし、この本を読んでマインドが変わりました。

仕事にメリハリがつくようになり、結果として現在は19:00頃には帰宅できています。

もちろん、「仕事を無茶苦茶にやって無理に終わらせている」というわけではないです。
それまでと同じか、それ以上のアウトプットができている自信はあります。

(「さらにもっと早く帰宅したい」とは常に思っていますがw)
 

「どのようなマインドで仕事をすれば良いか」についてはこの本の肝にあたるので、申し訳ありませんがこの記事上では書けません。

気になる方は是非手にとって頂ければと存じます。
 

 
② 有給も思い通りにとれるようになった。

①とも少し関連しますが、この本で提案されているマインドで仕事を行うと、有給も思い通りにとれます。

といっても、今日思い立って「明日有給をとろう!」というパターンだと厳しいのですが(笑)(ある程度計画性が問われます)。

平日の有給は本当に良いものです。
旅行や人気スポットは、軒並み安くて空いています!

ぜひ皆さんもこの本を読んで、平日有給をゲットしてください。
 
 
③ 新入社員や若手に勧めたいと思った。

この③は、もちろん「本を読んだ各人の人生がより良いものになり、さらに会社にも貢献できるだろう」という背景からです。

ただそれだけではなく、日本全体の働き方改革になるかも、という期待もあります。
 

例えば極端な話、「日本の全国民がこれを読めばGDPが数倍になるんじゃないか?」くらいの妄想もできてしまいます(わりと本気で)。

ちょっとスケールが大きくなりましたが(笑)、とにかく私はそれほどこの本が有益だと考えているということです。

正直、この本を1度でも読んだことがある人とない人では、パフォーマンスに大きく差が出るように思えてなりません。

 
以上が感想となります。

「最近残業続きだよー ヽ(#゚Д゚)ノ」という方は、何とか時間を作ってこの本を読んでみてください。
生活が一変します。

※もちろん、現在定時に仕事を終えられている人にとっても、「仕事のアウトプットが上がる」「社会人としての市場価値が上がる」等、有益なことは多いはずです。

 

※ちきりんさんが著された本については、他に以下記事でも紹介しています。
ゆるく考えよう: 人生を100倍ラクにする思考法(ちきりん/著)の感想
 

-書評, 転職・働き方

Copyright© ぜんかい徒然草 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.